-

「喘息」には「生まれつき喘息持ちで生まれてくる」パターンと「後天的に喘息になる」パターンの2種類があります。乾燥肌に効く化粧品

この「生まれつき喘息持ちで生まれてくる」パターンについては、現代の医学ではまだ解明しきれていない部分が多くあります。

しかし、一つだけ確実に解っている事があり、それは「空気の環境の悪い場所に住んでいる両親の子供は喘息持ちとして生まれてきやすい」という事です。

空気の悪い場所の家の子供は喘息持ちが多い、とも言えます。

これは統計でも確認されています。

空気の悪い場所が先天性の喘息を作り出す事は既に判明している事なので、可能であれば空気の悪い所にはなるべく住まない様にする事が、これから生まれてくる赤ちゃんが喘息持ちで生まれて来るか来ないかにかなり密接に関わってきます。

そして「後天性の喘息」については、原因の多くは「たばこの喫煙」、「ペットの毛などを長年吸い込んでいる」、「ほこりが多い環境で暮らしている」、この3つが代表的な原因です。

これらの「後天性の喘息を作り出している原因」に対してはその人の頑張り次第でいくらでも「改善出来る余地」があります。

「たばこを吸わない」、「ペットの毛やほこりはまめに掃除してクリーンな空気の住環境で生活する」、これを実践する事でかなり「後天性の喘息」については予防する事が出来ます。

Category

リンク