-

未払い金が残っているカードの使用不可能化を行う際も留意しよう:分割払いまたはリボ払い借入金といった類いの支払うべきお金における勘定がいまだに未完了であるという状況のまま使用取りやめという行為をしてしまうと、ごく合理的な事実ではあるがカードの契約失効手続きに伴って未払い残高について一括払いを求められる場合もあります(例えば返済が未完の分について金額を使用不可能化する考えならば一気に払えというように請求されます)。80-11-57

あなたの台所事情に十分な可処分所得があってすぐに使えるときだということであれば支障はないが、余裕がわずかな状態においてそういった使用不可能化などをしてしまうのは天に唾を吐くようなことなどとも言えてしまうのですから勘定が終わってからクレジットの使用不可能化を履行することにすれば間違いがないと推察されます。80-5-57

解約に及んだ時点でどれくらいクレジットを購入に使用して支払う金額がどれほどになっているかを見極めた後に無効化してもらいたいと思います。80-15-57

契約失効手続きにかかるお金という代物が必要なクレカも稀に存在⇒現在、すごく稀な条件に限られてはいますが特殊なクレジットでは使用不可能化上のマージンというものが発生するときがある(少数のJCBカード等)。80-19-57

ごく稀な例ではあるためあまり一顧だにせずとも問題ないのですが、クレジットを契約してから特定期日より前で機能停止してしまう状況に関しては使用不可能化のための代金というものが請求される決まりが出来ているのですから、そのような使用不可能化にかかる金額を払い込みたくないのならば、一定の期間をカレンダーにでも書き込みちゃんと期日を全うしてから解約を実行してもらうようにした方が良いでしょう。80-14-57

また心配しないで頂きたいのですがこのような場合は使用不可能化を申し出た時点で窓口の担当者サイドより忠告ないしは言い渡しというものが当然のこととして言ってもらえるのが通例です。80-20-57

何も予告もしないまま突発的に無効化上の必要経費といった類いのものが引き落とされるというようなことはあり得ないことですから軽い気持ちで解約を電話オペレーターに申請してもらって自分の所持しているクレジットカードの無効化にかかるお金がかかるか否か調査して頂きたいと思います。80-12-57

80-10-5780-8-5780-2-57

Category