-

私は現役時代は、ある電機メーカーで電子デバイスの設計開発を担当する技術者でした。セクハラ転職

開発をすれば、必ず新たな特許を書き、出願し、販売される製品の特許を取得するのが開発ステップとしてルール化されていました。デルメッド トライアルセット

もし何かありましたらPCTへご利用下さい。イマークの効果

大企業で、特許関連の行政もしっかりとしており、記載した特許は、知財部門のチェックを受けた後、契約した弁理士事務所を通じて、特許庁に申請する手順になっていました。リペアジェル 販売店舗

しかし、知財担当や弁理士さんの手を煩わせないように、特許の書き方に付いては、若い頃に徹底的に指導されたものです。コンブチャクレンズの口コミでの評判は?

お陰で、技術者として10年選手になった頃には、少し独特な表現を伴う記述を、専門家の手直しなく出願できるほどになりました。PCマックス

会社生活では100件近い特許を出願し、その内70%程度が登録になったと思います。ホワイトニングリフトケアジェル

もちろん、そうした権利は会社に譲渡し、使用実績に合わせて個人には毎年報奨金が出る仕組みです。糖ダウン

すでに陳腐化し、特許の維持を放棄したものが大部分になりましたが、定年後5年の今も、使用され、販売に繋がっている特許もあり、未だに僅かですが、報奨金を貰っています。

特許の書き方には独特な言い回しもありますが、多くの関連特許を調べ、その解釈の訓練をし、合わせて専門家に記載した特許文章を添削して貰う訓練をすれば、過不足のない、上手な権利化を図れる説明文を書けるようになるものです。

技術者なら、ぜひこうしたスキルも身に付けて欲しいものですネ。

Category

リンク