-

普通の経験の浅い方向けのFX取引の書籍では、「損失を被ったケースではナンピン買いでポジションの平均をコストを低くする事が出来る」と述べられていますが現実にはそれは罠があると考えます。デスクワーク ダイエット 筋トレ やり方

最初に、ナンピンの方法に関して易しく記述しておきます。抜け毛を減らす方法

ひとつの例として1ドル100円でドルを買ったとする。バイト 時給高い

ドル買いだから、円安になれば黒字が大きくなるわけですが逆に1ドルが95円まで円高・ドル安方向に進んだとします。ノアコイン

そのままの状態で所有し続けたら、利益がでるためには円高になった分円安が進まなければならない。シークレットレディさらふわを最安値で購入するならコチラ

みんな、損は出来るだけ早く0にしたいと考えます。アイキララ【メイク無しで目の下綺麗♪】

これを解決するためはじめに注文したのと同額分の$を1ドル95円で買い増します。http://www.cmi-fie.com/

そうしたら、ポジション全体の買い付け単価は1ドル=97.50銭まで抑える事が出来ます。アウトランダー買取

すなわち、2.50円の幅で円安が進むと、マイナスを失くせます。医療レーザーの全身脱毛体験談(大阪)

これが、ナンピン買いの仕組みです。

ナンピン買いの仕組みを耳にすると、「なるほど」と考えるが市場は簡単には上手くはいきません。

初めから、95円が下値だということなどなんびとも想像できません。

仮定として、為替相場が強いドル安の流れだとすると、1ドル95円では下げ止まることなく円高に進むリスクは高くなります。

例として、97.50円でナンピン買いをしたとしても、1ドル95円まで円高ドル安が進んだら、ナンピン買いを入れたポジションも為替差損が生まれてしまいます。

その状態では、一番初めに売買したドルと全部で二重の為替差損を被ることになる。

それゆえ、ナンピンはややこしいです。

ならば、マーケットが己の物語とは反対に素早く進んだ場合どういった対応で危機を軽減すればいいのでしょうか。

こういう場合には選ぶべき手段は2つだけあります。

まずひとつめは潔くあきらめて損失を確定する事です。

もうひとつはその時に、自分か所持しているポジションを縮小することによってもう一度市場が回復するのを黙って待つ事です。

ずいぶん後ろ向きな方法だとおっしゃる投資家もいます。

けれども、自分の持っているポジションに為替差損が出た時最も妥当な手段はこれ以上のものはないです。

勿論、ロジックのうえでは、ナンピンをするという手段も効果的です。

けれどもナンピンは、あなた自身が損をしている場面にもかかわらず買いポジションを減らすどころか、ポジションを積み重ねていく方法です。

この手法では、危機を回避することなど、どこをどうやってもやりようがない察するべきです。

ナンピンをし続けられればその内損を取り返せるかもしれません。

だけど、そうなる先に資金はショートしてしまいます。

Category

リンク