-

とうとう始める時という局面では、一番に下調べをサボってはいけません。トレードを行う前であったら、相場を客観的に観察する事ができる余地があります。だがしかし、いったんマーケットの内側に深入りすると、何をしても受け取り方が自己中心的になりがちで肝心な時に正しい見方が出来なくなる。危険があります。だからこそ己の精神が客観的な時に、きちっと準備をしておくことが大事です。この”j事前準備”のためには、はじめは自分だけの台本を考える事から開始します。これからの投資環境はこうなってああなるから円を売買するみたいに、脚本を書いていきます。次に大切なのは日足チャートを確認しましょう。過去の為替相場の値動きを見つめて、今日の価格を確認します。そうすれば、「現時点では相当偏った状況になっている」など、そうでなければ「とっくにたくさんのエントリーしているから、この先しかけても今はもうやりようがない」ということが分かってきます。今はもう売買するのが遅すぎるなと思っていたら、何もしないで、この状況では割り切ることが肝心。どう工夫しても自分なりの筋書きを押し通して無理やり新規エントリーすると市場に押し返されてしまい損害を受けることになる危険性があります。もっともかなりの場面で、緻密な自身の筋書きを作り上げておけば、買い(または売り)が間に合わないなという場面にはなることはありません。大方、リアルにマーケットが動意づく前のはずだから。その次にとりあえずは自分が注文しようと思っている外貨ポジションの変化をきちっと確認する事が肝心。ドル高になるというストーリー展開を書いたのであれば、ドルの変動に気をつけておきます。外国為替相場の変化を確認し始めた段階では、その外貨は目立って上下動する気配を見せることはなく、上下にちょっとした変化を繰り返しているだけでしょう。だが、その変化を確認していると、ある地点でじりじりと、ドル高へと相場が変動し始めます。ここで、ドル円の新規取引します。普通は、そこまで慎重に事前準備をしておけば、その売り買いで勝利する可能性は結構大きくなります。

Category

リンク